見たくない、自分の姿が、ほんとだよ♪♪

まぁ、見たくない、認めたくない自分という奴は時々出てくるものでして。

 

抑え込んでも、クリアしたと思っても、もぐら叩きのように出てくる出てくる、あちらこちらから(笑)

 

認める。

 

まぁそんな醜い(と自分が思ってる)自分もあるわなぁ。

 

見る。見ちゃう。どんどん見ちゃう。

 

で、見慣れてくるとそうでもなくなる。

 

「あぁ、来る、来るかもしれないぃぃぃ!恐い恐いぃぃぃ!ほらやっぱり来たじゃんかぁぁぁ!」

 

それ、自分で呼んでまっせ(笑)

 

ってなことで、認めてあげると、そんなに恐くないし、まぁそんなもんかと思うもの(*´∀`)

 

むしろ認めてあげないと、認めてよー!!!ってやってくる!Σ( ̄□ ̄;)

 

いじめっこみたいだねん♪♪

 

happy大好き*

休むことが悪いことだという罪悪感を捨てる

真面目な人程、休むことを悪いことだと認識して頑張る。

 

人一倍頑張る。人が休んでいる時も頑張る。

 

結果、病気になる。

 

休むことが悪いことだと言う不安や罪悪感を捨てよう。

 

休みは必要です☆

祖母が亡くなって思うこと。

先日父方の祖母が亡くなった。葬儀も無事終わり、あれやこれと後の事がある。

 

そんな中、うちの父の事を身内があれやこれやと言う。

 

実際それは自分が昔から聞かされていたことだし、自分も父に対して思ってきたこと。

 

ただ、今はもう自分は一切合切含めて、父という存在を認めれている。一時は消し去りたいとも、放り出したいとも思ったことがある。実際に行動に移して、追い込んだこともある。

 

結局は無理だった。物理的にというより、自分の気持ちとして無理だった。自分の親ですからね(笑)

 

そうして、今度は長年否定してきた父を自分自身が受け入れて認めていくという作業を重ねる。

 

まぁすべてかどうかは分からないけれど、自分と違う父を認めて受け入れられるようになった。そして自分の苦しみも消えた。全く。無かったように。

 

そんな今、身内の父への批判を聞いていると、「あぁ、自分が父に対して昔から(実はそんなに昔ではない)思ってきた不満は、自分の持っていたものではなくて、周りが父に対して思っていた不満だったんだ」と気付く。くそー、どいつもこいつも自分になすりつけやがって(笑)

 

まだ周りの人達は父に対して求めているのか。認めてやれよ、もう。いいじゃん、自分だって完璧じゃないんだし。

 

誰かに求めていませんか?自分自身への不満。甘えだよそれは。

 

もっともっと、みんながみんなを認め合って、各々の苦しみから、自分できちんと救われますように☆

 

お父さん、お母さん、お祖母ちゃん、お祖父ちゃん、みんなみんな、ありがとう(*´ω`*)自分は幸せだよ♪♪

ちゃんとしない!笑

久々のブログ♪♪

 

こんな些細なブログに目を通して下さる方がいるということに感動( 。゚Д゚。)日本て広いなー、と思う(笑)

 

今日は「ちゃんとしない」というお話Σ(゜Д゜)

 

自分はいつも「ちゃんとしないといけない」と思ってきた。何をやっても中途半端で思うようにいかなくて、諦めたくて諦められなくて。モヤモヤモヤモヤ…(´д`|||)

 

そこで、自分は自分に「ちゃんとする」という枷を踏めました!

 

するとどうでしょう?ちゃんとしたかといえば…、ちゃんとしようとはしましたね(笑)

 

結局ストレスでイライライライラ。体調は整わないし、自己嫌悪に陥るし、楽しくも面白くも嬉しくもない。ただ、巨大なモヤモヤした責任感に覆われただけ…。

 

自己肯定出来ずに、むしろ自己否定ばかり。

 

あげくの果てには、自分がこんなんだから上手くいかないんだ、周りの人を幸せに出来ないんだ、と思い始め、ますます自分へのプレッシャーをかける…。  

 

酷い…、一番の味方の自分を責めるという残酷さ!笑

 

そんなある日、もういいや、全部ほぼほぼ投げ出しちゃお、って投げ出してみる。(実際は投げた振りして紐で結んでら投げたフリだけ 笑)

 

とても恐くて、不安で、罪悪感に苛まれるし、でももう戻りたくはないし・゜・(つД`)・゜・

 

まぁ、そんなこんなで、今日まで来まして、まぁ結論(今のところ)としましては、「どうせどうやったって、自分は真面目なんだから、普通にしてろよ」ってことなんです(笑)

 

きっかけはいろいろあるのだろうけど、一番はある年上の方に、「最近、何事にも気が入らないんです…。」とちょっと話してみたところ、「君は真面目だし、きっとずーっとそのままだから、気にしなくて良いんじゃない?そんな時もあるよ。」と言われたことでした(゜ロ゜;ノ)ノ

 

え、何ソレ?ずーっとこのままなの?!でも、まぁそうか、元々真面目で一人でも良くて、でも学校とかでは真面目じゃ面白くないし人気出ないから、無理して真面目は悪いものだと思って不真面目やおふざけしてたけど、結局自分は真面目だった!笑

 

で、ようやく結論に到り、そうか自分は真面目だったんだ、と思い出し、真面目な自分を認めることにしたのです!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

なので、もう「ちゃんとする」は辞めて、「ちょっとしない」ことにしました♪♪

 

ちょっと待って、それ極端じゃない?!と思われるかもしれませんが、待って下さい!お忘れかもしれませんが、どうせ私は真面目なんです!!笑

 

結局ついついやっちゃうんです!だから、無理にちゃんとしようと思わずに、自然体の中で、つい真面目が必ず出ちゃうので、そこは素直に愛そうと思うのです!!

 

誰に演説してるんだ?!笑( ̄□ ̄;)!!

 

今日のブログは無理に「ちゃんとしない」、でした♪♪

 

読んで下さった方ありがとうございます\(^o^)/

 

皆さんも益々ハッピーでありますように☆

 

 

爽やかな朝☆

爽やかな朝といいつつも、ちょっとぬわぁんとした空気(笑)

 

あー今日もジメジメして嫌だなぁと思いながら1日を過ごすのか、その中にある小さな爽やかな景色や空気、人々に気持ちを向けて過ごすのか。

 

いろいろな方のお話を聞かせていただいていると、皆さんいろいろなことがありますねぇ。自分も。

 

自分は時々、「あぁ、ようやくここまで来たかぁ」と思うことがあります。なかなか自分の思い通りばかりにはいかないけれど、一歩一歩山を登るように、自分を励ましながらの登山(のような人生)。

 

人は人、各々の課題を生きているので違いがありますよね。違いを認め合いつつも、同じ人生登山をする仲間として助け合いつつ、励まし合いつつ、各々のペースで登っていきたいですね。

 

きっと最後は素敵な最後が待ってます☆

 

みんなどんな課題と人生を過ごしていますか?もっといろんな方のお話を聞けるような機会を作っていきたいなと思ってます(^^)

 

自分も自分のペースで一歩づつ♪

 

今日もありがとうございます*

おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう♪♪

今日は知り合いの方の御葬式に呼んでいただき一緒に拝ませて頂きました。

その中で、お孫さん達が亡くなったおばあちゃんへお別れの言葉を伝える場面がありました。

何人かのお孫さんが一人一人お別れの言葉を伝えました。

おばあちゃんに良くしてもらったとか、口うるさく言われてよく喧嘩したとか。

自分も亡くなった祖父とは、本当によく喧嘩して、嫌いだと思ってました。

でも、今日のお孫さんが達のお別れの言葉を聞きつつ、孫はよく分かってないけれど、口うるさかったり束縛しようとしたり、全部愛情なんだなと深々と感じました。

何だか急におじいちゃん、おばあちゃんの気持ちが分かって、孫はやっぱり可愛いし、愛情をかけたいし、自分の思うように育って欲しい。愛情。みんな愛情。

時々、しばしば、間違った愛情の示し方をして孫を困らせるおじいちゃんおばあちゃんもいるけれど、確かに自分もきっとおじいちゃんになると、孫がいとおしくなるんだろうなぁ。

受け取り方。ボタンの掛け違いで起こる摩擦やすれ違い、そして喧嘩。

おじいちゃん、ありがとう。とっても口うるさくて、邪魔くさくて、嫌な思いをしたこともあるけれど、僕を愛してくれてありがとうね。感謝してるよ。

みんな、もっと互いに理解し合えると良いなぁ。

そんな1日でした(^^)

まとまってる?笑

ハッピーを広げたい*

いつかみんな自分を嫌いになる、と思っていた

自分は劣等感の塊で、昔から自分を認めることが出来なかった。

 

だから、恋愛でも友人関係でも、いつかみんな自分の元を離れていくんだ、と思っていた。そして離れていった。

 

いや、正確には離れていくように望んで振る舞っていた。そして自分は「ほらね、やっぱり」と思っていた。試していたのかな。なんなそんな記憶はある。

 

好きだ、本当は人が好きなんだ。でも嫌われるのが怖いから好かれないように振る舞う。

 

でも、周りの人達はみんな知っていた。自分がそんな人間ではないことを。人が好きで人を喜ばせることが好きな自分を。周りの人達は初めから知っていたんだ。

 

知らなかった、気付いてなかったのは自分だけ(^_^;)

 

もう認めよう、人に優しくしても良いし、時には素直に向かい合ったって良い。

 

知ってるんだ、どうせ隠してもみんな知ってるんだ(笑)

 

ありのままの自分、どんな自分も全部自分。

 

アイラブ自分(*´-`)